ちなみに私は途中で寝てしまいましたが(全員の御焼香に1時間以上かかりました)参列者は葬儀場の外の道まで並んでたそうです。プロスポーツ選手藤田拓也:「私のおじのお通夜に3百人から400人くらい人が来てたそうです これって多いんですか 結構人付き合いが多かったそうで50歳後半ぐらいになくなりました ちなみに私は途中で寝てしまいましたが(全員の御焼香に1時間以上かかりました)参列者は葬儀場の外の道まで並んでたそうです」

政治家小林直人:「告別式の一般常識/流れやマナーについて。告別式は宗教性のない儀礼として明治時代に生まれました。 葬儀?告別式では。焼香一般参列者の焼香から閉式までが「告別式」とされています。」

玩具店店員山田雄太:「喪主の役割。通夜や出棺時?葬儀の挨拶 故人様に代わり忙しい中。弔問会葬にかけつけてくれた方へ御礼を述べます。 一般的には喪主様が挨拶をされます。喪主様の挨拶が難しい」

音楽評論家石田純子:「多いですよ。100人でも多いです。焼香の一時間は多いです。違いは焼香台の数になります。普通は3台くらいだと思います。多い時は中に6台くらいそれでも賄いきれない時は外で一般焼香として焼香台が出されます。」
IC生産オペレーター丸山大輝:「義父の葬儀に300人集まりました。献花一時間かかりました。献花の間、ずっとパイプオルガンを演奏しました一時間。」
観光バスガイド河野英樹:「まだお若く現役でお仕事をされている方の場合は、仕事関係の方も多く弔問されますので、高齢者が亡くなるより断然多いです。故人の立場もありますが、故人のご家族がどのような立場で仕事をされているかにもよります。私が受付を頼まれたときは、故人は高齢者でしたが、故人の息子さんと息子さんのお嫁さんの関係者もかなり多く、500人は軽く超えていました。」
厩務員加藤達也:「多いです。叔父が40代まだバリバリ働いている時に亡くなった時で200人弱祖父は現役退いて何年も経って亡くなった時は75歳100人弱でした。まだ現役で亡くなられた方はやはり色々仕事上の付き合いがあるので多いです。400人規模だったのはやはり社長、議員とか後は長年地域に貢献して表彰されるような地主とかでした。地位があるうちに亡くなられた場合は多いですね。」

理容師浜田崇:「知ってて得するマナー集。通夜や葬式葬儀や法事などのお悔やみ?弔事際に金品を包む水引きのついた袋で。黒白などの水引を結んだ袋のことです。香典袋とも言います。 不祝儀袋については。故人の」

研究員齊藤雄太:「夜通し故人に寄り添う「寝ずの番」。寝ずの番とは。お通夜の後に遺族がご遺体を見守ることです。昔は朝まで見守るのが一般的でしたが。現在ではほとんどおこなわれていません。」

じんかい収集作業員久保美紀:「葬儀?葬式の流れと費用。この記事では。通夜?告別式を行う一般的な葬儀の流れを。お亡くなりから葬儀終了まで。喪主?遺族。参列者が知っておきたいマナーなどを併せてご紹介」

作業療法士福島久美子:「十分に多い方ではあると思いますが、まだまだ上はいますよ。あなたのおじ様と同年代の上司の葬儀で800名が参列した経験があります。記帳?焼香がTDLのアトラクションばりに大行列でした。以上。」

電器店員小島美咲:「仏事の知識。お葬式の時から四十九日までは白木の位牌を安置するが。忌が明けたら。塗り位牌。繰り出し位牌。過去帳入り位牌等に換える。三十三回忌の弔い納めを終えた位牌は先祖代々に」

臨床心理士辻洋平:「ただ「私のおじ???」だけでは分かりませんよ。人付き合いが多かったって、会社の役員でもやっていればそれなりに人脈は多いでしょう。焼香客の人数だけでは単に多いか少ないかなんて事は言えません。それに、あなたのおじの事でしょう「50歳後半くらい???」ってどういう事ですか?正確な年齢も分からないのですか?また途中で寝てしまったって、おじの通夜の席で、焼香客が全員帰るまで起きていなかったのですか????呆れた物ですね。」

野田真由美:「やむを得ず。また。時間以上遅れてしまった場合は。進行上。僧侶の読経や参列者焼香はあらかた終っていることもあります。その場合でも。ご遺族の方たちは残っている」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です