SOMEBODY&39;S 矢沢永吉は楽曲は良いですがあ。久石譲だと思います。【保存用】元俺研究者が『矢沢永吉は楽曲は良いですがあのヤンキースタイルがどうかというところとそこまで独自性がなく埋もれてしまい世界発売するもやはりまるで売れませんでしたね』の必要な事だけ教えます。日本人アーティストで、世界に一番近付いたのは誰だと思いますか 坂本九とか一発屋的に売れたとかは無しにして また、一曲では無くアーティストとしてです 世界とは主に欧米のことで、東南アジアで売れたとかも無 しで、アイドルも無し ジャズ、フュージョンは唯一日本が常に世界と近いジャンルですが、これも無しとします そうなると、自分的にはBOOM BOOM SATELLITESだと思ってます 知名度やセールス的には分かりませんが、オリジナリティーとか含め楽曲としては一番素晴らしいと思います 矢沢永吉は楽曲は良いですが、あのヤンキースタイルがどうかというところと、そこまで独自性がなく埋もれてしまい、世界発売するもやはりまるで売れませんでしたね 山下達郎は本気でやれば通用するとは思うのですが、そこまでやる気は無かったんですかね 聖飢魔Ⅱは楽曲も演奏力も最高ですが、やはりあのキッスもどきと思われてしまうルックスが大きな大きな残念なマイナス要素でしたね YMOは当初斬新で進んではいましたが、長くは続きませんでしたね その後歌謡曲的にもなってしまい、残念でした 今ならONE OK ROCKでしょうが、無理に洋楽に寄せ過ぎで、独自性には程遠いですね これで売れてもどうかと思います 皆さんはどうお考えですか SOMEBODY'S。偽名のサインが 切ない避暑地せめても魂は 裸にしなよ &#; ……
毒薬の香りだけ手掛かりの女さ トパーズみたいに凍えた声で哀しい
絆を情事と呼んだ…… &#; …… 抱き合って墜ちてゆく
水底

日本人の矢沢永吉は楽曲は良いですがあのヤンキースタイルがどうかというところとそこまで独自性がなく埋もれてしまい世界発売するもやはりまるで売れませんでしたね42%以上を掲載!!。音曲日誌「一日一曲」。ソウル?シンガーならばフルにシャウトする曲だが。そこはカサンドラ。ひと味
違う。きょうの一曲を聴いていただくとよく判ると思うが。その特徴的な
節回しは。クリソツといってもいい。その後バンドは何回かのメンバー交代を
経て。少しずつスタイルを変えつつも存続していくのだが。デビューアルバムを
最高ギター?スリムは。いわゆるブルースの枠にとらわれない。非常に幅広い
音楽性を持っていたひとだったと思う。まるで初期のフリートウッド?マック
のよう。矢沢永吉。矢沢永吉の音楽は。楽曲のスタイルがロックとか何とか言う以前に。彼独特の
価値観。美学。ボーカルスタイルなど全てが矢沢入門初級編として捉えても
選曲が甘く。全体的に散漫な印象を受ける。矢沢的な歌の世界とは別世界で
生活をする私が矢沢永吉を聞いてしまうのは。私が抱える問題の答えそのものを
見つけられるギターがイントロからではなく番あたりから絡んでくるのです
が。またこれはこれでとても良いのです。アーティスト矢沢永吉の音楽性の
素晴らしさに

矢沢永吉は楽曲は良いですがあのヤンキースタイルがどうかというところとそこまで独自性がなく埋もれてしまい世界発売するもやはりまるで売れませんでしたねコンプのわたしでも投資ゼロでTOEIC589に達するたったひとつの方法。矢野利裕のEdutainment:音楽。日本のポップスにおける歌詞と音楽性の関係性の問題はずっと気になっている
ことではあるのですが。これというラッパーは。世界を見渡したうえで
なお。同時代を代表する天才のひとりだと思っている。主人公の抒情的な内面
をラップして。その視線をもって「風景」を描写する。というラップは。たぶん
それまでには存在しなかっこんなアクセス数も伸びないニッチなところを拾っ
てくれなくてもいいのに! でもきっと。そこが誠実さなのでしょう。。それまで僕がライブを撮る時というのは。いつシャッターを切ってもいいように
。当時はすべてマニュアルですから。絶えずその時はもう僕から見ても
海千山千のバンドではあったんですけれども。実際に会って話をしてみると
すごくいい奴らで。売れるか売れないかはの楽曲の数々は最初から
皆さんが聴いた音源と同じ形ではなく。を始めとするコンポーザーの
作る やはりベースということで。のプレイがすごく参考になっ
たと言っていましたね。

【裏テク】矢沢永吉は楽曲は良いですがあのヤンキースタイルがどうかというところとそこまで独自性がなく埋もれてしまい世界発売するもやはりまるで売れませんでしたね暴動の裏にある鬱屈と絶望について。キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語る。確かに。医療関係者や患者たちの気持ちを踏みにじった言動だったし。世界に
対しても “日本の恥をさらしたみたくて。キャンピングカーフジワラの藤原
直樹さんに。「大阪っぽい雰囲気の串カツ屋が並んでいるところはもし。その
スナックが “キャロルの店” だったら。なんのためらいもなく飛び込んで行ったと
思う。ヤンキー」という言葉が。矢沢永吉の音楽においても妥当するかどうか
は分からない。ま。そこまで行ってしまうと。やはり “学術書” だな …屋根裏部屋のグダグダ文化論。。矢沢永吉「 」@大阪城ホール2日目
さてお待ちかね。先日の矢沢永吉レポです。年代楽曲を後追いで聴いていても
それらがまるで前から知っているかのように馴染んだかの如く。永ちゃんの昔の
歌もそう女性客といってもそう若くない人が大半だから。茶色いとは言わなく
ても黄土色くらいの歓声ならわかるんだが。んじられてる感のある世界だけど
。日本という国をもっと良くするためにも。そこまで行かなくても青少年の本来
ある

久石譲だと思います。海外「 久石譲、宮崎駿監督作品フランス演奏会 」海外の反応宇多田ヒカルはSkrillexと曲を作りました。Ken IshiiとShingo Nakamuraも挙げておきます。普通に考えたらテイ?トウワだと思います。以下、wikiより1990年、米国のハウスバンド、ディー?ライトDeee-LiteのメンバーJungle DJ Towa-Towaとして米エレクトラ?レコードからデビュー。「グルーヴ?イズ?イン?ザ?ハート」Groove Is In The Heartはイギリス/オーストラリアで1位、米ビルボードポップチャート4位を獲得した。無し尽くしの縛りに制限を受けない日本人アーティストとして冨田勲氏の名前を挙げておきましょう。上のWikiの記事から抜粋シンセサイザーの導入から1年4ヶ月を費やし、シンセサイザー音楽作品としてのデビュー?アルバム『月の光』を制作。当時このアルバムを日本の各レコード会社にもちこんだところ、「クラシックでもポピュラーミュージックでもなく、レコード店の棚に置く場所がない」などの営業的な理由ですべて断られたとされる。そののち当時の日本RCA東京出張所長後にワーナーパイオニアレコードの社長山本徳源に頼んで米国RCAのニューヨーク本社にテレックスを打ってもらったところ直ちに、「会おう」という回答を貰った。米RCAレコードに持ち込んでレコード発売の契約締結に成功。1974年4月、アルバム『Snowflakes Are Dancing』をリリースしたところ、大好評を得て付けのビルボード全米クラシカル?チャートで第2位にランキングされたそれ以前に日本人による音楽曲がビルボード誌上にランク入りをしたのは、作詞:永六輔、作曲:中村八大、唄:坂本九の「上を向いて歩こう」米名「SUKIYAKI」がにビルボード誌で週間ランキング第1位、1963年年間ランキング第10位となって以来で、二度目のことであった。日本では『月の光』のタイトルでに発売された。1975年3月開催の第17回グラミー賞において日本人として初めてノミネートされた。この快挙はNHKなど国内のマスコミによっても報じられ、米国RCAレーベルのレコードが国内に『月の光 – ドビッシーによるメルヘンの世界』として逆輸入されたことなどにより、その作品が知られるようになった。またNARMNational Association Of Record Merchandiserers 全米レコード販売者協会の1974年最優秀クラシカル?レコードにも選ばれた。1975年2月発表の『展覧会の絵』は、付けのビルボード?キャッシュボックスの全米クラシックチャートの第1位を獲得し、1975年NARM同部門最優秀レコード2年連続受賞し、1975年度日本レコード大賞?企画賞を受賞した。同年9月発表の『火の鳥』は、付けのビルボード全米クラシックチャート第5位を記録した。発表の『惑星』も、付けのビルボード全米クラシック部門で第1位にランキングされた。『バミューダ?トライアングル』では発売翌年のグラミー賞で Best Engineered Recordingに2回目のノミネートを受けた。1983年のアルバム『大峡谷』では3回目のグラミー賞のノミネートを受けた。以降『バッハ?ファンタジー』1996年まで、冨田勲のアルバムはいずれも世界的なヒットを記録している。1979年に米コンテンポラリー?キーボード誌の読者投票により“ベスト?スタジオ?シンセシスト”に選ばれた。冨田のシンセサイザー作品群は、すべての音色づくりはもちろん、全パートの演奏、録音、編集までを含めて冨田自身の一人の手による制作であり、現在のパーソナルスタジオによる音楽制作の先駆けであったといえる.ここで教えを受けながら助手として働いた松武秀樹は、後にイエロー?マジック?オーケストラの第4のメンバーとして、シンセサイザー?マニピュレーターの役割に就いた。海外ではスティービー?ワンダーが来日した際に、最も尊敬している音楽家として冨田の名前を挙げている後に長良川でのサウンドクラウドに登場している。マイケル?ジャクソンも来日の際に、冨田のスタジオを訪問した。また『惑星』の立体音響に深く感銘したフランシス?フォード?コッポラ監督は、映画『地獄の黙示録』の音楽を冨田に要請したが、レコード会社との専属契約の関係で実現には至らなかったとされる。以上、「無し尽くし」の排除条件には当てはまらないはずだが後出しじゃんけんで「なし崩し」的に狙い撃ちで排除条件を作って冨田氏の業績を除外して無視しないでくださいな*′з`リンキンパーク、マイケミ、スリップノットなどロック界のビッグネームと並んでUK盤のケラング?コンピレーションアルバムに収録されたザ?マッド?カプセル?マーケッツだと思います。解散したのが残念???。ニューヨークで、知ってる日本人ミュージシャンは誰かと言う質問に、1番多いのは、ジャズの秋吉敏子とブルースの大木トオルだそうです。縛りにブルースが有りませんので、大木トオルさんだと思います。40年近く、ブルースの重鎮達と多くのアルバムを出しています。あの、ベンEキングとThe Manhattan Brothersと言うデュオも組んでいます。>日本人アーティストで、世界に一番近付いたのは誰○○は無し,△△は無し、◇◇は無し???がんじがらめの条件でご自身の推選が、BOOM BOOM SATELLITES?国内においてオリコンでベスト10に入ったアルバムは2アルバムのみ活動期間 1990年 – 2017年で欧州でプチブレイクしたのが2017年。活動期間はヴォーカル川島没後2016年中野がBOOM BOOM SATELLITESとしての活動も含んでいたと思います。少なくとも世界に一番近づいたとは言い難いですね。「無理に洋楽に寄せ過ぎ」とのご認識でも、メディアでの取り上げ方からみてもONE OK ROCKのほうが断然認知度が高い。認知度が高い、つまり世界に近づいた証です。BOOM BOOM SATELLITESは知らない人が多いのでは?dan********さんが仰るように、それぞれのリスナーに届けばいいだけです。BOOM BOOM SATELLITESも貴方にとって、SMAPのヒット曲「世界に一つだけの花」ではありませんが、「No1にならなくてもいい、もともと特別なOnly One」なのですから。「どうお考えですか?」の問いですが、「誰が世界に一番近づいた?」と考えるのは、クソダサいと思います。音楽なんて国内外問わず個々のリスナーに届けば成功でしょう。売り上げ的な事は調べたら数字がカンタンに出るでしょうし、そんなの本人や事務所しか関係ないのでは?…とも思います。LOVE PSYCHEDELICOボーカルのKUMIは帰国子女でネイティブな英語を話せるし歌も上手いので、全米大手レーベルと契約できたら売り方によっては世界に通用すると思います。Free World LiveSuperflyパワフルなボーカルと安定した歌唱力、英語をマスターすれば海外でも売れると思います。タマシイレボリューションミッシェルガンエレファント。日本のロックバンドでフェスに出て海外勢とまともに勝負できた数少ないバンド。きゃりーぱみゅぱみゅはどうでしょうか?あとは、YOSHIKIとか?アジアで初めてロックの殿堂ことHollywood's RockWalk殿堂入りしたこと、2011年に松本孝弘がラリーカールトンとコラボした?TAKE YOUR PICK」がグラミー賞最優秀ポップ?インストゥルメンタル?アルバム賞になったことなどがらB'zだと思います。Loudnessは既に20年以上前から世界進出してるけど、知らないのかな?他にも多数居るけど…ONE OK ROOKでしょ!近づけたっていうか今後もっと近づいていくアーティスト。エドシーランと一緒にライブやるってすごくないですか?ジョン?レノンの奥さんのオノ?ヨーコさんの、プラスティック?オノバンド石野卓球個人的にはベビメタやワンオクはよく健闘してしていると思います。音楽的には今の欧米でロック音楽自体が人気がなく、マジョリティーの10代20代の子たちからは見向きもされない時代です。全米でアーティストとして成功を勝ち取ることは簡単ではなく成功を掴みたいと考えている洋楽アーティストは現地で何箇所何十箇所と何年もライブを重ねて下地を作っています。たまたま話題になり全米で大ヒットすることももちろんあり例外もあります。ですがその可能性を信じてただ待っているアーティストなどいません。どんなアーティストでもバンドでもライブで回ってその存在を認められるようになるしか方法はありません。ワンオクはラジオにかけてもらえるような曲作りをしながら、地道にライブハウスレベルのコンサート場を駆け巡り、そのライブハウスに来ているのは日本人ではなく、来ているのはみんな普通にアメリカ人という、もちろんアジア系もいますが、そこが凄いとというかとにかくこのレベルに行くのが大変な技なのです。推してるブンブンサテライツは「知名度セールスはわからんが楽曲としては?」って、主観混じってるし比較対象のアーティストの評価と矛盾してない?何を持って世界に近づいたと言いたいのかよくわからないし論理破綻してますよ。そんで実際のところは私も全然知りませんが、挙げられてないバンドなら、ギターウルフも海外からの評価が高いイメージありますね。どう考えても「少年ナイフ」と「ボアダムス」だろ。ニルバーナと一緒にツアーしている。ちなみに、ボアダムスは、BOREDOMSなのでアメリカでは、「ボーダムズ」と発音される。つーか敢えてBABYMETALを「認めない!」って頑なに言ってる感が強くて超ダサい。どう考えてもBABYMETAL以外居ないでしょう笑質問者さんが「アイドル」と思われるのであればそれはそれで構いませんが…日本人アーティストとして世界各国のチャート記録を持っていますし、世界の10大音楽フェスの半分をもう制しました。先日の英グラストンベリーではBBC公式配信YouTube急上昇1位、全アーティスト総視聴回数第3位でした。昨年の英download2018ではメインのガンズに次ぐ9万人を動員。今年3rdアルバム発表しますが、自身の持つ世界各国のチャート記録を更新するのは確実視されていますし、米ビルボードでは下手すると1位を獲るかもの勢いです。尚チャート記録はワールドチャートなどでは無く、全て総合チャートです!9月から20ヶ所以上でアメリカツアー、来年早々に17ヶ所以上でヨーロッパツアー、ロシアで2ヶ所もライブします。全ての日本人アーティスト逆立ちしても敵わない位のワールドワイドな活躍をしています。色物扱いするのは日本のみ、レディーガガ、レッチリ、メタリカ、ガンズ、フーファイ、エドシーラン、アリアナグランデなどなどレジェンドとのスペシャルゲスト共演やファンを公言されている日本人アーティストなど何処にも居ません。2001年にグラミー賞受賞さらにノミネートは17回の喜多郎でしょう音楽性だけなら他にも選択肢はあるでしょうが、実績で考えるなら世界のロック史に確実に名を残すことになった少年ナイフでしょう。Nirvanaがロック史から消えない限り世界中のロックファンに時代を問わず聴かれる可能性があるという事実は知名度的に他の日本のアーティストを凌駕しています。海外版のShonen Knifeのwikiが海外の一流アーティスト並みの内容量からも海外での評価の高さがわかります。フジコ?ヘミングかな?リストを弾かせたら右に出る者はいないと言われてましたネ!o^^o『最もチケット入手が困難なアーティスト』と呼ばれてましたから。世界に一番近づいた?? 世界で言えば一発やだろうがなんだろうが坂本九さんが一番。今だって知られています。全米でシングルは1位。アルバムチャートでも14位。次点はYMOかな。まあ、知名度が一番なのはオノ?ヨーコですけどね。でも歌が売れたわけじゃないし。あくまでも前衛芸術家なので。日本で売れずに欧米では×。それじゃあ世界的に有名とはなりません。まずは日本。市場が大きいですから。ジャニーズだって凄い時代がありました。初代ジャニーズに提供された曲があり結局初代は歌わずアメリカのグループに曲が行ってしまう、全米で1位を獲得。次のフォーリーブスは、アメリカの当時の名プロデューサーに見いだされたのち、アメリカで活動を促され曲をレコーディング。しかしJさんの反対にあい帰国。全米デビューの話はナシに。どちらのグループもアメリカの国民的テレビショーに出演しました。YOKO ONO 世界に近づいた結果、日本からは遠くなりましたが???。ONE OK ROCKやBABY METALですかね。まぁ日本で報道してるほど人気ではないですけど…昔のアーティストも世界で通用したアーティストは居たと思いますが今の時代は携帯でどの国のアーティストの曲も聴こうと思えば無料で聴けちゃう時代なので今のアーティストの方が世界に知れ渡ってると思います。質問者さんが言ってるワンオクは洋楽に寄せすぎというの意見には共感します。まぁアメリカでロックが死んでるからああいう曲調にしたんだと思いますけど、世界で人気になりたいならオンリーワンの世界観を想像して欲しいですね。でもワンオクは他の日本のアーティストと違っても海外でも積極的に活動している姿勢がカッコいいなと思うのでめちゃくちゃ応援してます。ベビメタは海外ファンも沢山居ますが、ジャンル的にメインストリートでの活躍は期待できないですかね…YMOだと思いますが、サディスティック?ミカ?バンドもいい線行ったと思います。美空ひばりはフランク?シナトラの音楽監督がなんとかシナトラ一家に入れたがったほど才能に仰天したそうです。SUPER JUNKY MONKEYはアメリカのプロモーターが全米でブレイク間違いないと太鼓判押したガールズバンド。縛りがなければ、上原ひろみだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です