「もしも自分の子供がLGBT当事者だったら」と考えるとLGBTを批判することは不可能ですよね。福祉住環境コーディネーター高田沙織:「「もしも自分の子供がLGBT当事者だったら」と考えるとLGBTを批判することは不可能ですよね 」

タレント岡本里奈:「LGBTについて考えよう。についてまとめます。 とは次の言葉の頭文字をとって組み合わせた言葉で。性的少数者 セクシャルマイノリティ を表す言葉の」

調教師岩田哲也:「不可能ではないと思いますよ。我が子がそうであって分かった上で心無い言葉をかける親御さんもいますからね。」

建築ブロック工松田桃子:「LGBT当事者2600人の声から。が全国の性的マイノリティの当事者の方に行ったアンケート調査の結果を伝えます。」

管理業務主任者山崎明美:「私は私自身がバイセクシャルなのでLGBTを批判することはありませんし、将来もし子供ができてその子供がLGBTでも何の問題もありません。しかし世の中にはまだまだLGBTに関して理解のない人はたくさんいます。特に年配者でLGBTを『変態』や『犯罪者予備軍』のように考えてる人の多いこと多いこと。自分の子がLGBT当事者と知って勘当したり縁を切る親も実際いますし、我が子が当事者であってもLGBTを我が子ごと批判する親は沢山います。例えばLGBTをニートや引きこもりと同じようなものととらえていて、「批判されるべきもの」で「更生できるもの」と思って「??ちゃん!頑張ってLGBTじゃなくなろう!お母さんも頑張るから!」なんて平然と言う親もいます。私の知り合いで、親にゲイであることをカミングアウトしたら、『力仕事をすれば男らしくなって女の人が好きになる』と言いだし転職を勧めてきた親がいます。困ったことにその親は、我が子のためにいいことをしているつもりでいるんです。決してそういう親を擁護しているわけではありません。そのような親を『普通』などという気もありません。ただ、考え方が古い、間違った認識を持った親はいるということです。」

営業マン沢田拓也:「LGBTQinなかの座談会を行いました令和2年3月。永野 同性カップルには法律上の「結婚」という選択肢がなく。どんなに長年一緒に暮らしていても法律上は赤の他人ですが。パートナーシップ宣誓の制度が」

フラワーデザイナー小西翔:「「LGBTを理解できない」も多様性の1つ。楓さん 両親が出ると言ってから私にとっての地獄が始まったわけですが。それによってトランスジェンダー当事者だけでなく。カミングアウトされた親御」

信用金庫渉外係内田徹:「日本の学校におけるLGBT生徒へのいじめと排除。しかし。そうした状況が往々にして。日本の性的マイノリティ の子どもたち—-レズビアン。ゲイ。バイセクシュアル。」

ディスパッチャー木下萌:「LGBT巡り“足立区が滅ぶ”発言。レズビアンだってゲイだって法律で守られているという話になれば足立区は滅んでしまう」。当選回のベテラン自民党議員の同性愛者への発言」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です