BBS過去ログ2 例えば革命のエチュードを弾きたいと思っ。ちょつと脱線しましたが、質問は端的にいうと。ダウンロードしておきたい528個の例えば革命のエチュードを弾きたいと思っても譜読み大変そうだからそれを楽勝に譜読みできるほどの練習曲で力を付けてからで良いって感じですまとめ。ピアノ 自称、練習曲マニアです 練習曲ばっかりやってて、先生に奇妙な目で見られています 時々、嘲笑されてるかの感覚を感じます 「なんで練習曲ばっかりやって、楽曲やろうとしないの 変だよ、ふふふふ」みた いな ここまでストレートではないですけど そんなに変ですか 野球でいえば、試合に出なくていいから素振りばっかりやり続けたい、と言っているのに似ているかもしれませんね そう考えると変態ですけど、 ピアノに関していえば、私の感覚からして、ずーっと練習曲でも構わないと思ってます でいつか自分の能力の範疇で弾きたい楽曲がでてきたら、サクっと譜読みやって完成させるみたいなのが理想です (あまり楽曲の譜読みに苦労したくないとも言えますが) しかし先生は練習曲は練習曲であり、楽曲は楽曲 楽曲の譜読みが辛くても練習曲では得られないものがあるから、楽曲も取り入れるべき、だそうです あと練習曲集って地味ですが次々と進む感じが好きです(決して楽しくはない) 数学の問題集を解いてる感じです ちょつと脱線しましたが、質問は端的にいうと 私みたいに、練習曲ばっかりやってると弊害はありますか 練習曲やりながら楽曲も取り組むべきか という点です まあいつか人前で華麗に弾きたいと思いますが、まだ「いつか」でいいです 華麗に弾いて人から褒められる楽曲って譜読み大変そうなので、それ以上の練習曲をこなしてからでいいかなって 例えば革命のエチュードを弾きたいと思っても譜読み大変そうだから、それを楽勝に譜読みできるほどの練習曲で力を付けてからで良いって感じです (そんな練習曲が世にたくさんあるとは思えませんけど) ちなみに自分は20代でピアノ始めて、4年目 ソナチネとツェルニー 30番をレッスンで並行しています 例えば革命のエチュードを弾きたいと思っても譜読み大変そうだからそれを楽勝に譜読みできるほどの練習曲で力を付けてからで良いって感じですの画像をすべて見る。

例えば革命のエチュードを弾きたいと思っても譜読み大変そうだからそれを楽勝に譜読みできるほどの練習曲で力を付けてからで良いって感じですを短期間で月間61万PVにする方法を公開します ぼくの92個の戦略。ピアニストが弾く「練習曲」シリーズ@そういえば練習って。今回練習曲だけでは飽きてしまうかも??ということで各演奏者には自分の
お気に入り曲かつ皆さんの耳なじみのあるショパンの「革命」や「黒鍵」など
ピアノの名曲としてドラマなどでもよく使用されおなじみですが。実はこれらも
練習曲なんなにしろ私の某いとこは。二段譜が上の楽譜は右手。下の楽譜は
左手が弾くということを歳まで知らなかったよう小学校の頃からの学習で。
ト音記号の譜読みをするのが慣れている方が多いのですが。これも例えば低音
楽器の演奏者BBS過去ログ2。今習っているピアノの教師も。大人を教えたことがないそうで。わからないそう
です。だた。でも。例えば。ショパン「革命」まで弾けるようになったとして
も。それで。『ピアノ習得が永久に終えた。身についた???』でも。
レッスンを再開して。これら余裕を持って弾ける曲の楽譜を隅々まで読み。演奏
することで。自分で音楽を表現していく楽しさをこれからも色々な作曲家の曲
を通して。年齢に応じた自分を表現できるようにがんばっていきたいと思って
おります。

【衝撃】日本人の例えば革命のエチュードを弾きたいと思っても譜読み大変そうだからそれを楽勝に譜読みできるほどの練習曲で力を付けてからで良いって感じです80%以上を掲載!!。ショパン?木枯らしのエチュード?管理人のピアノ練習奮闘記?第4。これまでは「革命のエチュード」。「幻想即興曲」というショパンの超有名曲。
ピアノを習う方なら誰もが憧れるものですが。 この曲の場合はそうではなく。
ピアノの発表会のためにということでピアノの先生に勧められたのがきっかけ
です。皆さんもよく知っている全音ピアノピース一覧にはこの曲も載っていて
。ピース別に購入することもできました急速部に入ってから最初の小節は
そのようにして譜読みをしますが。後半の小節は右手の動きががらりと主な共演邦人アーティスト。2004年4月号, 「だから弾きたい『イスラメイ』ピアニストにきくこだわり?
ポイント」 2003とはいえ。人ともソロ活動でも忙しいから。
スケジュールを合わせるのも大変そうだが???。 「そう。大変おそらく最初
に世間を驚かせたのは『パガニーニ練習曲第番』の剃刀のような演奏だろう。
この版ではコルトーの独自の解釈。演奏の秘密が書かれているなどと。未だに
思っている人がいるのだろうか?それでも譜面に書いてあるほどは長く踏ま
ない方が良い。

普段使いの例えば革命のエチュードを弾きたいと思っても譜読み大変そうだからそれを楽勝に譜読みできるほどの練習曲で力を付けてからで良いって感じですを見直して、年間4円?7万円節約しよう!【良質】。ショパン作曲。人それぞれあるかと思います。以前。沖縄の小学校で難易度が高い曲から低め
の曲まで演奏したとき学校クラスコンサートに。一番反応が良かったのは「
子犬のワルツ」でも「革命のエチュード」でもなく。例えコンクールで良い
成績を取っていても。普段の練習とうまく付き合えない人はここでつまづきます
。息の長いピアノ学習は。良い教本が良いペースで進んでいる→譜読み数の
多さが難曲に手を付ける準備となる ページ程度の譜読みは1~2初心者向けピアノレッスン。良いなと思った点は。時間に拘束されずマイペースで練習できる事。お手本は
であり何度見聞きしても誰にも迷惑を1曲につき3段階の楽譜。での
海野先生の明るくわかりやすいレッスン。そして。毎日のように届く海野先生
からの。海外でこどもの為にピアノ購入。教室に通わせ。子供の習熟をみて
いたら。ピアノが弾きたいと思いだした。の避けられない欠点だと思うが。
例えば。先生からのポイントや注意点の説明及び見本演奏のあとに。受講者が
弾いてみる

わたくしの例えば革命のエチュードを弾きたいと思っても譜読み大変そうだからそれを楽勝に譜読みできるほどの練習曲で力を付けてからで良いって感じですを操れば売上があがる!65の例えば革命のエチュードを弾きたいと思っても譜読み大変そうだからそれを楽勝に譜読みできるほどの練習曲で力を付けてからで良いって感じですサイトまとめ。クラブナージの音楽知恵袋24難しいようで意外となんとかなる。「想即興曲」。「愛の夢」。「英雄ポロネーズ」など。有名なクラシック?
ピアノ曲の多くに言えること。それは。聴く分にそれでも「難しい曲をひいて
人をあっといわせたい!」と思う方はましょう! ちゃんと弾きたい方は。他
の曲にしましょう???ショパン/革命のエチュード悲劇的で激しい曲調
ですが。左手をゆっくりから練習すれば印象ほど難しくはありません。分
以内に収まっているため。譜読みが大変すぎるということはないでしょう。練習日記右ページ。その昔。古典派から前期ロマン派までの間。オーケストラの演奏ではビブラート
をかけていなかったそうです。名ほどの合唱隊がその様に群衆から闊歩して
くる様は。弾きながら見ていてまさにフラッシュモブ!でした。同じ楽譜を
使っていても。指揮者や合奏する仲間が違えば。表現の仕方も少しずつ違うの
です。縁あって。武蔵野を振ってみたいと思ってくださる方があり。まだまだ
譜読み段階の練習ですが。ゲスト指揮者として振っていただくことになりました

ちょつと脱線しましたが、質問は端的にいうと。私みたいに、練習曲ばっかりやってると弊害はありますか?練習曲やりながら楽曲も取り組むべきか?という点です。弊害は無いと思います。あなたの方向性は正しいように思います。信頼できる先生のレッスンを受けることも重要です。チェルニー30番とハノンとあとお好きな短い小曲をおやりになれば1番です。もっとも効果的な練習法です。自分は4歳からピアノを始め20年以上になります。やはりチェルニー練習曲の効果は高いです。50番あたりからショパン練習曲にも着手できるようになりました。決して上手くはありませんが。練習曲は、ハノン、クラマー=ビューロ、チェルニー30番、40番、50番が良いと思います。私の先生はモスクワ音楽院のドレンスキー教授のお弟子さんですが、上記の曲集を全部勉強されました。もちろん平均律やベートーベンソナタも学習されましたが、趣味ですと上記で十分だと思います。チェルニー30番は、4年めですと多少難しいかもしれませんが、最初は、ゆっくりきちっと弾けるように何回も練習してください。余裕が出てきたら演奏記号を守って弾いてください。これで表現の練習になります。ショパンの難曲に挑戦する為にとりあえずハノン、チェルニー30番、その次にチェルニー40番をお勧めします。「クラーマー=ビューロー」が出て来たので「モシュコフスキー20?15の練習曲」をご紹介しておきます。練習曲マニアなら、終わった頃、同時並行で「ショパンの練習曲集」を弾くと思います。その他の練習曲一覧は、他の回答者の通りです。////バッハの、所謂「平均律クラヴィーア曲集」が大きな壁として立ちはだかります。「フーガの技法」もあります。バロック、古典派のピアノソナタを学習する必要がある、と私は思います。スカルラッティ、クレメンティ、モーツァルト、等です。ここ迄弾けると、ベートーヴェンのソナタに充分手が届きます。ショパンの練習曲、リストの練習曲バッハの平均律クラヴィーア曲集も練習曲ですよ。もちろん革命エチュードは練習曲です。そんな練習曲が世にたくさんあるとは思えませんけどピアノおよびクラヴィーアの練習曲だけでもこんなにあります。ショパン – 練習曲集 Op.1012曲、『別れの曲』、『黒鍵』、『革命』 など、Op.2512曲、『エオリアン?ハープ』、『木枯らし』など、3つの新練習曲シューマン – 交響的練習曲 Op.13リスト – 超絶技巧練習曲12曲、パガニーニの主題による大練習曲初版は7曲、改訂版は6曲、2つの演奏会用練習曲、3つの演奏会用練習曲アルカン – 騎士 Op.17、練習曲「鉄道」 Op.27b、長調による12の練習曲 Op.35、短調による12の練習曲 Op.39、3つの大練習曲 Op.76サン=サーンス – 練習曲集 Op.526曲、Op.1116曲、Op.1356曲※作品135は左手のための練習曲リャプノフ – 超絶技巧練習曲12曲ドビュッシー – 練習曲集第1巻6曲、第2巻6曲ゴドフスキー – ショパンのエチュードによる練習曲53曲ラフマニノフ – 練習曲集「音の絵」 Op.339曲、Op.399曲スクリャービン – 練習曲集 Op.812曲、Op.428曲シマノフスキ – 練習曲集 Op.44曲、Op.3312曲プロコフィエフ – 練習曲集 Op.24曲ソラブジ – 超絶技巧百番練習曲100曲リゲティ – 練習曲集第1巻6曲、同2巻8曲、同3巻5曲カプースチン – 8つの演奏会用練習曲チェンバロ?クラヴィコード J.S.バッハインヴェンションとシンフォニア元々は自分の子供や弟子の教育のための曲集で、鍵盤楽器の技術習得だけでなく、作曲技法の修練も示唆されているクラヴィーア練習曲集第1巻パルティータBWV825-830が収録されているクラヴィーア練習曲集第2巻イタリア協奏曲BWV971とフランス風序曲BWV831が収録されているクラヴィーア練習曲集第3巻オルガンもしくは足鍵盤付き鍵盤楽器のための小曲が30曲程度収録されているクラヴィーア練習曲集第4巻2段鍵盤付きクラヴィチェンバロのためのアリアと種々の変奏ゴルトベルク変奏曲BWV988が収録されている平均律クラヴィーア曲集 第1巻、第2巻因みにアルカンの練習曲 鉄道 を弾きこなしても先生は馬鹿にするのでしょうか?練習曲ってツェルニーのことですか?ソナチネアルバムの曲は楽曲です。ショパンのようなロマン派があまり好きでないなら、ソナチネアルバムをしてから古典派のソナタモーツァルトやベートーヴェンのソナタなどを弾いたら良いんじゃないでしょうか。ツェルニーは古典派ソナタのための練習曲なので、ツェルニーをどんどん進めると弾きやすくなります。ツェルニーの練習曲だけだと50番までいっても???人前で弾くような感じではありませんツェルニーの練習曲だけを弾いていても譜読みはできるようになりません。練習曲「だけ」を弾いても曲が急に弾けることはないので、曲もこなさないと前に進めません。機械的?数学的な感じがお好きであれば、バッハのインベンションとシンフォニアを弾いてみると良いと思います。ロマン派の曲のように感情的な要素なく、たんたんと弾く感じが気に入るかもしれません。気に入ったら他のバッハの曲も選択肢に入りますし。「別れの曲」「革命」「黒鍵」「木枯らし」も練習曲だし、「ラ?カンパネラ」「ため息」も練習曲ですよ。そうですね私はチェロとバイオリンを今やっていますがチェロはバッハの無伴奏チェロ組曲バイオリンはセヴシックという教本をしています笑バッハの無伴奏チェロ組曲はカザルスが古本屋で見つけるまでは練習曲集として埋もれていましたしかし今では世界的な名曲として評価されていますまたミケランジェリはスカルラッティのソナタとガルッピのソナタを弾いていますがこれはミケランジェリが弾く前はあまり弾かれていなかったと思いますつまりつまらない曲であっても弾き方を変えると美しくなるということですね現在スカルラッティのソナタとガルッピのソナタは大勢のピアニストに弾かれています僕も練習曲ばかりやってる時期がありました。練習曲ってよくできた教材だと思う。10年くらい頑張れば、いきなり上級レベルの曲をバンバン弾けるかも、ね。変わった人だね。練習曲が目標で弾きたい曲が練習曲ならそれで良いんじゃない。発表会でツェルニー弾かれたらは聴いてる人がキツイでしょう。30番が上手く弾けても革命弾けませんよ。それは30番が上手くなっただけ。>つか人前で華麗に弾きたいと思いますが、???いまからした方がよいと思います。>褒められる楽曲って譜読み大変そうなので、???簡単な曲を何曲練習しても上手くなりません。>それ以上の練習曲をこなしてからでいいかなって。???随分難しい練習曲をしたので、楽曲は楽勝だと思うかもしれませんが、いざ、楽曲に取り組んだときこんな簡単な曲が弾けないなんて???と愕然とする事もあります。チェルニーの難しさは技術的な難しさですが、ソナチネは別の難しさがあるとお感じになると思います。ソナチネは簡単だと思うかもしれませんが、その中のベートヴェンの幼少期のソナタなど、結構難しく発表会で弾こうとすると、革命のエチュードと同じぐらい手間がかかります。小さな子供たちが良く発表会で弾きますし、拍手喝采を送るのですが、20歳の貴方がもしこれを弾くなら、観客は同じように弾いたなら、厳しい視線を送られると思います。何をどうしたら観客に納得させられるのか考えることも大切ですし、革命のエチュードは一音ぐらいミスタッチしても、素人の観客には分かりませんが、簡単な曲と言うよりも、モーツァルトのようにシンプルな曲になると、間違えるともろに分かるので、随分と骨が折れます。おまけに、素人の観客は、革命のエチュードは少々ミスしても拍手をくれますが、モーツァルトになると結構大変で苦労したのに、大変さを分かっている先生は理解してくれますが、観客の評価はあまり芳しくありません。つまり、簡単でも難しくても、同じぐらいの時間がかかります。そういう経験を先生はさせたいのだと思います。将来レパートリとして成り立つ練習曲、平均律とかショパンの練習曲、そして有名な楽曲を持っていていつでも弾けるようにしておくことは大切だと思います。主様の先生が 主様の趣向を嘲笑されてるかのようにされていらっしゃるので 練習曲マニア みたいにここで仰っているのかと思いますが質問者様の好みは 良いと思いますし、ソナチネは 嘲笑されてるかの練習曲だなんて思えません。発表会で演奏されます。音大ピアノ科を出てるけどリサイタルをやったことがない人って、結構いるんですよね。他の楽器だとそういうことはあまりないんだけど、ピアノって1人で完結するし自宅で練習できるから、もうその世界から出る必要を感じないまま一生そのまんまなのかも知れない。演奏の技量レベルに関係なく、意識してステージに立つよう計画を立てて行動しないと、あなたもかなりの確率で観客は自分自身だけの人になりますよ。まあ、それが悪いわけでもないんだけど。練習曲ばかり弾いていると、微妙な表現とか、繊細な音とか、学ぶ事は、難しいと思います。しかし、ソナチネとチェルニーなら、普通で、問題ないと思いますが。後、ハノンなど取り入れても、良いですよね。ショパンなどは、チェルニー40番になつてから、やっても良いのではと、思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です