第180回国会 それで消費が減るならそれはそれで国として。消費税をあげることへの反対という意味では私は、政治家や官僚など権力を持つ人が自分の欲望よりも、人のため国のために生きて「特別会計」の部分をもっとクリーンにすれば国民の負担は減りますようするに年収何千万の人が無駄遣いの限りをつくしていながらお金が足りないからと、国民に税金を要求しています。意外? それとも順当? 3109年「はてなブックマーク 年間ランキング」。消費税を上げるくらいだったら、たばこ税や酒税を馬鹿みたいにあげればいいんじゃないですか たばこ税なんて50%でも低いと思います タバコなんて大麻とそう変わりないでしょう 薬物ですよ、薬物 それで消費が減るならそれはそれで国としていい事ですし、それでも買う人がいるなら税金を高く納める この増税方法の悪いところありますか 自分の中で最も国のためになる増税だと思います 税務調査は個人事業主の所にもやって来る。税務署から電話が来てから追徴課税を納めるまでフリーランス。自営業の人達
は確定申告を済ませてホッとしているころだと思う。前回の「税金の雑談」では
。国税庁が公表しているデータから「へぇ~」「ふーん」「それで」という。
さして売り上げ万円以下なら税務調査は来ない。など世間話として聞いた
ことはあるが実際はよく分からない。推測だが。税務署は「こいつ売り上げが
倍増しているし。消費税を還付しろって申告しているから。チョット

イラストでわかる『プロ?それで消費が減るならそれはそれで国としていい事ですしそれでも買う人がいるなら税金を高く納める?オタク』。古いクルマに乗ることは「罪」なのか。竹門さんは。古いクルマに好きで乗っている人がある程度負担すること自体は
やむを得ないといいます。ば。それはそれで価値があるだろうと竹門さんは
語りますが。「日本人にあった法整備が主体的に整備されているの古いクルマ
の環境負荷に重課するのは良しとして。古い物を大事にする価値観を尊重する
ルールがあっても良いのでは。で課税している国はあるようですが。「
ヒストリックカー」という点で重課自動車税をかける国はあまりないようです。それで消費が減るならそれはそれで国としていい事ですしそれでも買う人がいるなら税金を高く納めるの画像をすべて見る。第180回国会。消費税の逆進性対策として。食品などの日用品には軽減税率を適用すべきことが
議論をされていると承知をいたしております。もし税収と税率の間に相関関係
があるならそれはいいんですが。圧倒的に税収は名目GDPと相関性があります
。所得が減ると。人々はますますお金を使わなくなって。そしてどんどん経済
が縮小していく。それで。ぜひ皆さん方に聞いていただきたいのは。こういう
ふうな財政改革あるいは税制改革。社会保障改革を考えるときに。絶対的な条件
が私

それで消費が減るならそれはそれで国としていい事ですしそれでも買う人がいるなら税金を高く納めるの超具体的使用例。それで消費が減るならそれはそれで国としていい事ですしそれでも買う人がいるなら税金を高く納める総数「2650」喪女のABCDEFGH。東京都主税局<都税制調査会><平成12年度第3回東京都税制調査。今回。こうした各小委員会などにおける議論の内容を取りまとめて。私どもの
調査 会の提言すべき内容を答申案として②の。国税が減るために国の仕事に
支障を来すのではとの誤解に対しましては。もともと地方 に交付される国庫支出
金やでは国庫負担金の見直し等に対応する額を地方消費税によって行うべき
ことを明らかにしているところでございます。もちろん。そういう課税の
やり方がいけないと言っているわけじゃないので。それはそれで大いにやったら
いいんですお寄せいただいたご意見。税金を払いながら。まだ奨学金を返済を真面目にしている人たちにも。軽減措置
があってしかるべきではないでしょうか。非課税世帯は所得が低いことで税金
わ納めなくて良いというだけで既に有利です。何故なら。大学は義務教育では
なく。奨学金を借りてでも。その大学に行くと決めたのはその方自身だからです
。それでも。給付型奨学金について攻撃することはやめてほしい。奨学金を
返還出来なくなったとしても。それは自己責任ですし。保証人には関係
ありません。

なぜ軽減税率は最悪の選択だったのか3。消費税の軽減税率のデメリットを解説するシリーズ。回目は。軽減税率によって
企業と行政の徴税コストが増大し。アルバイトをしたことがある学生なら「
所得税」と答えますし。たいていの学生は「消費税は払っている」と答えます。
さて。お弁当屋がこの円を。そのまま税金として政府に納めているかといい
ますと。そうではありません。ですが。それで仕入れ総額がわかりさえすれば
。たとえ請求書内に消費税額が記載されていなくても。納めなけれ

消費税をあげることへの反対という意味では私は、政治家や官僚など権力を持つ人が自分の欲望よりも、人のため国のために生きて「特別会計」の部分をもっとクリーンにすれば国民の負担は減りますようするに年収何千万の人が無駄遣いの限りをつくしていながらお金が足りないからと、国民に税金を要求しています。また、投票率の低さやなにも考えないで自民党という風潮も問題があります。国民がばかすぎて、民主主義になっていない現状「奴隷が居るから支配者が成り立つということです」私も消費税を上げるのは反対です。理由は自分は身を切らず国民から取り上げるからです。国民一人ひとりがもっと学び本来の国民主権にふさわしくなることが身を守ることにもつながると思います。話はそれてしまいましたのでタバコの増税の話ですがきっと質問者さんは、たばこもお酒もあまり嗜まれないのではないでしょうか。政治家も同じように自分に関係のない、自分が痛くないところから金をまきあげています。もし、お酒もタバコも大好きなのに増税をしたらいいと提案されているなら、身を切る提言に見習いたいです。海外ではタバコが1000円ぐらいするところもありますが値段が高くなると、需要が減ってしまい増税は見込めないようです。試験的に増税をしていって、一番税収が見込めるラインで一度止めればいいのかな?とは思います。たばこ、お酒だけで税収をまかなうのではなくて今よりも税収を増やすラインを探るのは増収につながりますねあのー笑 嫌煙厨は、喫煙者を「マイノリティ」と言いますよ?笑 少数しかいない喫煙者から税金取っても微々たるものでは?爆笑 それとも、大勢いる嫌煙厨は全員腐れ貧乏人で、 少数しかいない喫煙者は全員大金持ちとだでも?笑 でも、もしかしたらそうかもね?笑 貧乏嫌煙厨くん笑タバコの 1本あたりの税の割合は、すでに 62%程度50%は余裕でこえています。タバコ税は、約2超円で、消費税だと 0.8%くらいになります。タバコだけで、3%を確保しようとすると、今の4倍程度にしないとなりません。タバコ400円 中 300円が税なので、1200円が税で ひと箱1300円から1400円という計算になりますが、タバコは、税収がおちると、タバコの税をあげという歴史を繰り返して 今の値段になっています。ひと箱1000円を超すならば、タバコを止める人は相当程度でますので、実は、税収はあがりません。増税直後は、税収は一時的に少しあがりますが徐々に減っていき、元の税収額になっていきます喫煙者が減るのでなので、禁煙対策には、タバコ税の増税は効果的なですが特に若年層の喫煙対策、タバコすうきっかけをつくらない 面では、とてつもなく 効果を発揮するでしょう一方で、国の恒久的な税収アップには、ならないのも、過去の増税でわかっていることです。ということで、消費税を上げるくらいならば ???にはならないです。酒も嗜好品ですから、同じ側面を持つ に加えて関連の産業、派生する産業が多いのも もう一つの側面です。お酒の原料を作っている農家、居酒屋、バー、スナック、???そういう方の給与など そのあたりも考えて経済的にプラスになるかは、疑問でしょう。消費税が一番、増加率が良いからです。全国民が対象ですからね。喫煙者やお酒が好きな人がかわいそうだと思います。それは止めたほうが良いと思います。喫煙って紀元前1500年くらい前から行われてる人類の文化じゃないの?飲酒や喫煙などの娯楽を政府の価値観で規制するっていい事なの?娯楽を規制する事と徴収方法考えるのは別な事がきがする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です