祖父は第二次大戦中30代半ばだったのですが若くなかったた。その頃は男子、満20歳になればになれば徴兵検査を受ける義務がありました、合格すれば兵営に入り、2年間の訓練で一等兵、成績よければ上等兵になって除隊、在郷軍人になっのです、赤紙と言われた召集令状で出征戦地へ行く事したのは一般市民のように暮らしていた在郷軍人だた訳です、上等兵になっても除隊せず昇進の道を選んだ軍人もいたようです、軍の工場で働いていたなら戦地へ行くよりはその方が有利だと判断されたのでしょう招集される前、つまり兵士になるまえはという意味でしょうか。いち早く1%?25%程度の完成度で人に見せられる祖父は第二次大戦中30代半ばだったのですが若くなかったため戦地には行かず軍の工場で働いていたと聞きましたを作ることがいかに重要か、という話。第二次世界で戦地に行っていた日本の兵士たちは、9割がたが軍とは関わりない一般市民の男性たちだったのですか 祖父は第二次大戦中30代半ばだったのですが、若くなかったため戦地には行かず軍の工場で働いていたと聞きました 30代半ばならまだ若い気もするのですが 三重県。平成七年は。太平洋戦争が終結した昭和二十年から五十年目の節目にあたりまし
た。六。体験文末尾の住所?年齢は応募原稿記載のものです。 目次 <出征?
軍隊?戦地>; <学徒動員>; <外地で>; <留守家族>; <学校生活>; <戦中の
くらし>; <空襲>; <引揚げ?抑留>; <戦後の耐乏生活>; <復興?新一「敵
戦車との戦い 当時私は第二大隊本部安田部隊で命令受領をしていた。二つめ
は。勉強できなかったため学力がないことを負い目に感じ被害者意識で一ばい
だった。

祖父は第二次大戦中30代半ばだったのですが若くなかったため戦地には行かず軍の工場で働いていたと聞きましたの画像をすべて見る。

その頃は男子、満20歳になればになれば徴兵検査を受ける義務がありました、合格すれば兵営に入り、2年間の訓練で一等兵、成績よければ上等兵になって除隊、在郷軍人になっのです、赤紙と言われた召集令状で出征戦地へ行く事したのは一般市民のように暮らしていた在郷軍人だた訳です、上等兵になっても除隊せず昇進の道を選んだ軍人もいたようです、軍の工場で働いていたなら戦地へ行くよりはその方が有利だと判断されたのでしょう招集される前、つまり兵士になるまえはという意味でしょうか? まず大前提として、徴兵制では入営期間、つまり軍隊に入るのは平時で二年間です。その兵を現役兵といいますが、戦争は現役兵だけでは足りないので、兵役を終えて除隊した元現役兵予備役といいますも招集されます。 彼らは除隊後はごく一般的な生活をしていますので、平時は一般市民だったとはいえます。 そういう意味ではなく、軍に入ったこともない人が兵士になったことがあるのかといえば、それは大多数がそうでした。 日本は少数精鋭主義をとっていたので、平時に軍隊に入営するのは、徴兵検査をうけた若者の2割くらいでしかありませんでした。兵を養うにも多額の費用がかかりますので、心身共に優れた甲種合格者や志願者だけが入営していたんです。 そのほかの大多数の若者は軍に入ることなく、普通に暮らしていました。しかし戦争の拡大によって兵力が足りなくなり、こうした軍に入ったことがない人たちも招集されるようになっていきます。 その比率がどれくらいだったかわかりませんが、平時に入営するのは2割くらいだったことからして、かなり高い比率にはなるでしょう。30代半ばならまだ若い気もするのですが?士官ならともかく、兵隊は体力勝負の世界です。 30代半ばでは、兵としてはすでに老人扱いで、あまり役に立ちません。兵力が不足して根こそぎ招集が行われると年齢が高い人も兵として招集されるようになりますが、それでも優先順位は過去に入営したことのある者、心身強健なものが先で、軍に招集される人はそれほど多くありません。いや、兵士が軍と関わりがないわけがないでしょう。徴兵されたらその瞬間から一般市民ではありませんよ。小さな戦争ならたとえば日本があまり深入りしなかった第一次大戦とか30にもなれば徴兵されませんが、第二次大戦末期なら40でも徴兵された例がありますね。ですが、武器も作らなければならないし、鉄道もバスも動かさなくてはいけないし、農業して食料も作らなくてはいけないし、徴兵できるのは人口の10%が限界、つまり赤ちゃんから老衰で死ぬまぎわの老人まで含めた男性の20%が限界です。そこでその人が産業分野で働くほうが役に立つと思えば30歳くらいでも徴兵しないということはあり得ます。基本全て軍人です。当時の日本は徴兵制でしたので、あくまでも兵役期間の軍人か職業軍人です。戦争後期には予備役からの招集と、徴兵免除の対象だった大学生も徴兵され、学徒出陣となりました。父は10代後半で志願して海軍に入り、広島で訓練して居る時に終戦と成りました呉から船で原爆の犠牲に成った人の遺体を運んだそうです、兄2人も20代前半で行きましたが帰れなかったそうです、2人戦死したので祖母父の母は兵隊さんの金だと言い年金をもらって居て、父の長男病気で帰って来たは大邸宅を2軒建てました。母の兄は20代後半で行き帰れませんでした階級は大尉に成ったそうですが。一般市民を戦場に連れて行ったわけではありません。銃の扱い方も知らない一般人を戦場に連れて行ってどうしますか。そうではなく、当時の日本には徴兵制があり、成人男子は基本的に全員、一定期間イヤでも軍隊に入る義務があったのです。軍隊に入っている間は日本軍の軍人です。戦地に行ったのはそうした人たちです。基本、一度は徴兵された人と心身健康とされて徴兵対象になった新成人です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です