慣れない仕事でとても大変で???弟が引き継いでくれることになりやっと産休に入れるとなった矢先にまたこれです???そんなこと思ってはいけないもっと辛い状況の人もいるんだから乗り越えなきゃと思うんですが今はどうしてもそう捉えることができません。システムエンジニア高山健一:「24週3人目妊娠中で心臓の形がおかしいと診断を受けました 心疾患があるようで今度検査に行きます 1人目が緊急帝王切開で産まれ486gで出産、18トリソミーと診断を受けNICUで生活しわずか半年とゆう短い命を精一杯生きてくれました 2番目の子は3歳になりとても可愛く元気に育っています しかし今回妊娠中の子にまた病気の疑いがあり、まだ詳細は分かりませんが不安で怖くて仕方ありません 障害があろうが何があろうが生きていてくれさえすればいいです けどまだ妊娠中とゆうこともあるのか正直精神的にとても辛いです 父が、娘が亡くなってすぐ脳梗塞(今は元気)母が今年に入って脳出血で重い障害が残り、会社を経営していたので突然のこととゆうのもあり私が社長代理とゆうかたちで仕事もしていました 慣れない仕事でとても大変で???弟が引き継いでくれることになりやっと産休に入れるとなった矢先にまたこれです???そんなこと思ってはいけないもっと辛い状況の人もいるんだから乗り越えなきゃと思うんですが今はどうしてもそう捉えることができません 大好きな旦那と可愛い息子がいること、まだ重篤だと決まったわけではないのが幸いですが検査までが辛いです 何処に吐き出せばいいかわからず投稿させてもらいました 」

映画バイヤー中川優子:「但陽信用金庫の取材情報。やっと仕事に慣れた矢先の出来事に戸惑いもありましたが。上司や先輩にこのことを告げると心から喜んでくださり。安心して産休に入ることができました。今思えば。産休に」

トレーサー浜田京子:「特典付。さらに脊椎側湾症にもなって。おかあさんの心の傷は肉体の傷となって表れ。天罰が下され笑うことなど今後一切死ぬまでない。と思っていましたが。不思議ですね。」

空間デザイナー吉川大輝:「私の第一子も妊娠中に横隔膜ヘルニアの可能性があると言われ、同級生の小児外科の医師に連絡したり大騒ぎしましたが、生まれてみると何の異常もありませんでした。第三子も切迫流産の可能性があるとか言われ、大騒ぎしてMgの持続投与をしましたが、もういいでしょうとかいって、Mgを止めても産気づかず。普通に満期産でした。産科って過剰に反応するなぁとつくづく思いました。」

外資系スタッフ黒田明:「「産後クライシス」調査でわかった妻の本音。夫を「本当に愛していると実感」している妻は妊娠期に%いたが。歳児期には%に激減。子の成長に応じてさらに減る傾向にある。 図 愛情が赤ちゃんに向くから?」

医療ソーシャルワーカー樋口拓也:「三重県。出征者とその家族は。電車の駅まで更に六粁余を歩くことになる。「別れの坂」を通る度にこんなことを思い出すのである。 出征者はまた。武運長久と書き。家族や親戚」

ミュージシャン関順子:「私たちの職場?就職難こうしてほしい。これらは違法なのではないでしょうか? また。これは別の派遣会社でのことですが。 週日で拘束時間が日に時~時ということになっていたのですが。」

ビオトープ管理士黒田健太郎:「お辛いですね。私もいくつか不幸が重なっているところです。出来るだけ平常心で乗り越えれるといいですね。弟さんが助けてくださって本当に良かったですね。」

型枠大工原田大輔:「流産?死産の体験談。法律で降ろすことができない週数です。 第二子となるおなかの赤ちゃんは。妊娠中期頃からやけに張り。フルで仕事をしながら歳児の子を育て」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です