場合分けのやり方について 0<=x<=aにお。fx=x。短期間で0<=x<=aにおけるgxの最大値Mをaの値で場合分けして求めよを覚えるのに役に立ちそうなサイトまとめ【悪用厳禁】。次の問題の解答を教えてください 2次関数 f(x)=x^2 2x がある (1) 0≦x≦3におけるf(x)の最大値,最小値をそれぞれ求めよ (2) 関数g(x)をg (x)= f(x) , すなわち, g(x)= x^2 2x とする (i) 0≦x 2/3におけるg(x)の最大値, 最小値をそれぞれ求めよ (ii)y=g(x)において, y=1となるときのxの値をすべて求めよ ただし,x>=0 とする (iii)a>0とする 0<=x<=aにおけるg(x)の最大値Mをaの値で場合分けして求めよ 0lt;=xlt;=aにおけるgxの最大値Mをaの値で場合分けして求めよの画像をすべて見る。

場合分けのやり方について。は正の定数とする。次関数=-+ ≦≦の最大値。最小値を求めよ。
最大値 → 定義域に軸が含まれる時。必ず頂点で最大となるから。定義域に軸を
含むか含まないかで場合分けします最小値 → 定義域の両端の点のどちらかで必ず1。= のときの最小値,および そのときのの値を求めよ。 =/の
とき, /におけるの最大値と最小値をそれぞれ求めよ。
におけるの最小値を, 最大値を とする をの値で場合 分けして求めよ。

fx=x-1^2-1···軸x=110≦x≦3より、x=1で最小値-1、x=3で最大値3を取る2ⅰ絶対値が付く関数は、グラフがy0の部分を正に折り曲げるとかけます。詳しく言うとx軸との交点はfx=xx-2からx=0,2なので0≦x≦2を正に曲げるそうすると、最小値はx=0で最小値0,x=2/3で最大値8/9をとる。ⅱgx=y=「1=lx^2-2xl」かっこの部分を考えるx^2-2×0すなわち0x2問題文から0≦x2のとき-x^2-2x=1x^2-2x+1=0x=1x^2-2x≧0すなわちx≦0,2≦x問題文より2≦xのときx^2-2x=1x^2-2x-1=0x=1±√2、2≦xよりx=1+√2上記から、x=1,1+√2ⅲ最大値が変化するところで場合分けグラフかくとわかりやすい0a1のときx=aでM=a^2-2a1≦a≦1+√2のときx=1またはx=1+√2でM=11+√2xのときx=aでM=a^2-2a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です