南京大虐殺で 南京大虐殺本当にあった。南京という地は、大昔から不穏な地で、漢民族の同士討ちの大量殺戮が、繰り返し行われています1回目。お金に疎いオタクでも、超最低限の南京大虐殺本当にあったを把握する方法【翻訳】。南京大虐殺本当にあった 南京大虐殺と従軍慰安婦は本当か。で大川隆法の南京大虐殺と従軍慰安婦は本当か 公開霊言シリーズ。
アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は。
および端末。スマートフォンやタブレットなど。様々な端末でもお楽しみ
いただけみんなのレビュー:南京事件「証拠写真」を検証する/東中野。南京事件「証拠写真」を検証する/東中野 修道日中戦争?太平洋戦争の
レビュー感想ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー感想
情報が満載。書店で使えるポイントも貯まる。円以上購入から国内南京大虐殺否定論13のウソ。いずれもすでに破綻している議論の繰り返しにすぎない」。歴史的事実を指摘し
ながら… ポイント使えます!南京大虐殺否定論のウソ
南京事件調査研究会発売国日本書籍

いち早く4%?27%程度の完成度で人に見せられる南京大虐殺本当にあったを作ることがいかに重要か、という話。南京大虐殺で。シンドバーグ氏は。年に旧日本軍が南京に侵攻した際に起こした大虐殺から
。何千人もの中国人を救った。デンマークでは月日。国民的英雄として彼の
銅像が建てられ。除幕式には女王マルグレーテ世も参加した。「南京大虐殺」は中国軍の仕業だった。中国江蘇省の「南京大虐殺記念館」が。リニューアルを終えて
一般公開を始めた。 しかし。産経新聞の河崎真澄記者の報道
によると。「南京大虐殺の史実を世界に周知させた」として顕彰され?How。歴史の真実はわからない。ただ。その端々に。そうではないかという憶測はする
ことができる。南京大虐殺は万人ぐらいを殺害したのだろう。万人は嘘で
ある。強姦がどれほどあったのは全くわからない。戦争なので。中国全土で。
一般人

南京大虐殺否定論13のウソ。30万人虐殺でなければ南京大虐殺ではない」「南京の写真はニセものだらけ」
「残虐行為は中国人の仕組んだ謀略だ」などの典型的な否定論をくつがえす。
いまもっともわかりやすく。もっとも新しい総力批判の書。

南京という地は、大昔から不穏な地で、漢民族の同士討ちの大量殺戮が、繰り返し行われています1回目 大正時代???袁世凱らによる殺戮2回目 昭和2年???共産党毛沢東VS国民党蒋介石 3回目 昭和12年???蒋介石らによる無差別テロ、市街焼きはらい4回目 戦後???日本に関係無しご質問は、おそらく昭和12年だと思いますが、もとは、蒋介石ら国民党が、上海などの租界地合法的な外国人居住区で起こした無差別テロの暴挙に端を発していますこの時、在留邦人らが生命の危機に瀕したのです日本軍は、当時、南京を占拠していた蒋介石ら国民党を、南京から排除する目的で、南京攻略に向かいます日本軍が南京に到着するよりも前に、蒋介石ら国民党は南京で、略奪、強奪など悪行の限りを尽くして南京市街を焼きはらい、重慶へ敵前逃亡します他方、日本軍は、南京の攻略前に、空からビラをまき、敵将に対しては降伏を、兵士には投降を、居住民に対しては避難を、きちんと勧告していますチャイナが喧伝する被害者数30万、40万だのとは、日本の東京大空襲、長崎、広島の原爆の全部の被害者数を足しても、なお足りない未曾有の被害です大東亜戦争=太平洋戦争の正式名称の日本の被害は名簿が存在しますが、南京の被害者名簿は存在無し「それ自体の存在」に関しても、同事件の証拠写真とされている写真を亜細亜大学の東中野修道教授が検証したところ「全て」が捏造または関係のない写真という検証結果が出ていますいわゆる南京事件と呼ばれているものは、便衣兵を探す為に取られた掃討作戦が誤解さているだけですよ。シナ兵は、形勢が悪くなると軍服を捨てて一般人の衣服をまとい、油断している所に襲い掛かって来たそうです。ですから、いわゆる南京事件で一般人とされている人は、実はシナ兵で有ったかも知れないのです。勿論 一般人との区別がつかないので便衣兵と間違われた一般人もいるかも知れませんが、そうなった原因は国際法でも禁じられている手法を取って南京市内に潜伏した中国軍が悪いと言えます。「南京大虐殺」は捏造だった。南京の日本軍がなした多くの人道的活動日本兵による犯罪は少数あったものの、日本軍による「大虐殺」はなかった。非道行為と虐殺を行なったのはむしろ中国兵たちだった。大虐殺という発想は歴史的に、日本人にはない行為です。中国の歴史には城を攻略する時は城内の人間を殺戮するという風習があったようです。中国人が発想するとこんな情景が映るようです。殺害という行為は、多分国民党軍が同胞を殺害して市民に変装した証でしょう。さらに城外の川では国民党軍が一般市民を押しのけて逃げたようです。私たちが目にする資料はほぼ中国のプロパガンダによるものです無かったとはとても判断できない!仮に無かったと仮定し、それを立証した場合国際裁判日本の最高裁いずれも有ったと判決を下していますので不可能です南京大虐殺はありました。あったこと自体を否定する歴史学者などいません。下の頓珍漢な人ように書いておきますが、南京市の人口は不明です。30万人が南京市の人口より多いかはわかりません。また、中国の30万人が犠牲になったという主張は、軍民合わせての数字なので、南京市の人口以上の犠牲者がいても必ずしもおかしいわけではありません。別に犠牲者数が数万人だろうが、あったことに変わりはないですしね。別に南京市民を皆殺しにしたとは誰も言っていないのに、大陸人の発想がどうのこうのはまったく意味はありませんね。それは歴史の専門家集団が決めることなんですよ。素人が議論して決めることではありません。歴史の専門家集団が編集した歴史の辞書、事典を見ればわかることです。あったか、なかったか。事実か、事実でないか。歴史の専門家集団は事実と認定していますよ。これでおしまいです。素人が喚いて、わからないといっても都市伝説のマンガ、小説、フィクションに過ぎません。これが右翼です。南京大虐殺=南京事件ならありましたよ。少なくとも近代史専攻の歴史家で否定する人間はいません。↓の人は嘘つきです。当時の南京市人口より多い30万人の虐殺は物理的にありえません。一般市民を殺害するという発想は日本の軍隊にも日本の歴史にもありません。状況証拠から捕虜の殺害や国民党が日本人を装っての市民の虐殺はあったと考えます。そもそも皆殺しは大陸人の発想と習慣なのです。日本では戦国時代ですら敵を皆殺しにしなかった習慣を知っていたならば、もっと上手な嘘がつけたのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です