小学校を受験させる場合、やはり幼児教室に通わせるケースがほとんどだと思いますが、お受験対策の幼児教室って平日の午後(幼稚園が終わった後)が多いですよね。行政書士片岡竜也:「小学校受験を考えているるご家庭について
小学校を受験させる場合、やはり幼児教室に通わせるケースがほとんどだと思いますが、お受験対策の幼児教室って平日の午後(幼稚園が終わった後)が多いですよね ということは、小学校受験を考えているご家庭は、フルタイム共働きのご家庭は少ないのでしょうか 」

カイロプラクター馬場遥:「なぜお受験では?紺のスーツ一色?になるのか。幼稚園や小学校の受験では。多くが幼児教室などで「対策」をして挑む。選抜基準が不明確な中で。ここでの「言説」は親の一挙一動に影響する。ある国立大学」

プロ野球選手藤田未来:「小学校に入学してから、学校に出向く機会が多いかは置いといて???お受験対策だけなら「伸芽'Sクラブ」など、働くママでも対応できる環境が今はあります。お受験対策やお受験ガイド系の本には体験談なども載っていたりするので、1度お読みになっても良いかもしれません。」

小説家宮田裕子:「働くお母様の小学校受験。働くお母様の小学校受験 小学校受験。幼稚園受験合格で年の実績を誇ります。国立?私立学校を目指す幼児教室をお探しなら。小学校受験のジャックにお任せください。」

通関士福島美咲:「お受験終了。どこの幼稚園のお受験なのか詳しく聞かなかったそうですし願書に添付するものになりますがたまに紹介している某幼児教室のサマースクールの記事を貼らせて」

体育教師石川達也:「おっしゃる通り教室に通い出せば、週何日かは幼稚園の後に授業になります、想像するに、共稼ぎとして母親がその時間がなければ不可能に近いかと思います。教室に預けて他に行くこともないのでまず無理だと。基本的に小学校受験は、母親が一日中子供についていなければならいことにもなります。従ってフルタイムの共働きの夫婦に近ければ無理だと。最近は両親共に優秀大学を出て大企業にいて、子供ができ、母親が産休の後に保育園等利用し復帰する家庭で、小学校受験など眼中にない人達もたくさん知っています^?^世の中が変わってきてもいますね、、」

外資系スタッフ齊藤直子:「高校受験の記事一覧。高校受験」について知りたいことや今話題の記事が見つかります。その対策にかかるお金や送迎など親の負担も昔の比ではないと思います。それに対して私立の場合は。公立よりも学費はかかりますが。卒業するためのサポートが私立幼稚園に通う君は。幼稚園に入園後。小学校受験のための体操教室と塾に通っ」

外務公務員原田裕美:「小学校受験準備は幼稚園入園前から。晴れて希望の幼児教室に入会できた子どもたちは。年少時は緩やかながら。はじめてのお勉強という時間を体験することになる。まずは席に座って先生のお話を」

森香織:「17小学校受験お受験のメリットデメリット。「チャイルド?アイズ」では。これからの時代に求められる「思考力」を伸ばすことができ。知育と小学校受験対策を両立できる幼児教室です。完全担任制。」

フレグランスコーディネーター岩田亜美:「受験して入る小学校に入学した場合、入学後もかなりの保護者参加の行事が平日にあります。要項には書いてないのですが、それに協力できなければならず、相当な負担が生じますし、学校行事への協力のため、共働きでも必ず仕事を休む必要が生じます。なので、共働き家庭はほとんどいないか、いてもごく一部と思われます。もちろん、近年は公立小も全員役員を義務付けられる学校が多く、負担の度合いは同じかも知れませんが、受験小は圧倒的に専業主婦家庭が多いです。」

海女/海士中野達也:「小学校受験の基礎知識。小学校受験を考えるご家族を応援する専門サイト。首都圏の有名私立小学校。国立小学校。幼児教室の最新情報を掲載しています。一括資料請求あり。」

プログラマー上野達也:「私の知っている幼児教室はどこも土曜日クラスがあります。なので、ご両親がお仕事をされている場合土曜日クラスの受講が多く、土曜日クラスはどこも満席です。またご両親のお仕事のお休みが平日、という場合も少なくないので、その場合はお仕事をなさっていても、平日クラスに入られます。なので、幼児教室に通う、という点だけで言えば、ご両親がお仕事をなさっていても全く問題ないです。もちろん、おじいちゃま?おばあちゃまやシッターさんが送迎、という方もいます。ただ、それではお仕事をもったお母様が多いのか、というと、実際のところ、小学校受験する家庭は母親が専業主婦、という方が多いのは事実です。幼児教室だけでなく、家で教えるべきことも多いですし、入学後も何かと保護者が参加する行事など多いということもあるかと思います。」
国家公務員Ⅰ種大島香織:「そのとおりです。小学校受験をするには、まずは、希望の小学校の合格率の高い幼稚園に入園します。幼児教室は、受験前には週3回ほどにもなります。そのほかに、体操教室、水泳教室、ピアノなどのお稽古事もします。お教室や、ピアノは、家でのおさらいもしなくてはなりません。そのほかに、問題集もしますし、毎日絵本の読み聞かせもしなくてはなりません。そして夜八時には眠らせなくてはなりません。これらのお稽古事の送迎だけでも、母親はかなりな時間を使います。中には、シッターさんや、家政婦さんを雇って家事をしてもらう方もいます。子供が3人くらいおれば、お稽古事の送迎だけでかなりハードです。毎年のように受験ですし。小学校入学後は、役1月ほど学校までの送迎が有ります。クラスのランチ会や、役員会など、私は働いているのでは、通用しません。結構学校の行事などのお手伝いもあります。また、友人作りには、苦労します。幼稚園やお稽古事、塾など3年以上の付き合いがある方のお子さんと、遊ばせる為にいったん家に帰った後、車で迎えに行き、また送る事も有ります。低学年は親同士が仲良くないと友人が出来にくいです。母親も付いてくる場合があるので、家の中をいつもきれいにしておくので、クタクタでした。パートでもきついかもしれません。」
郵便事務員石川美香:「統計としてはわかりませんが、私の周りでは少なくありません。我が家もそうですし、我が家が通ってる幼児教室も保育園の子ばかりです。ちなみに土曜のクラスに通ってます。確かにかなり大変です。子育てに理解のある職場か、ある程度時間に都合のつく仕事か、送迎に祖父母を頼れる家庭じゃないと難しいと思います。」
消防士辻菜摘:「少ないですね。祖母や祖父ば連れて来られる方もいましたが、限りなく少ないです。」
パーカッショニスト上田桃子:「少ないですが、ゼロではないようです。息子の同級生にも、いますよ。既卒なので少々古い話ですが。幼小受験に精通したプロのシッターさんを雇い、平日の教室通いの送迎や、習ったことのおさらいなどをしてもらう。合格して入学してからも、しばらくは送迎や、お勉強のヘルプ、各種習い事関連など、おんぶにだっこ状態でべったりとお世話になったようです。もちろんシッター丸投げというわけでなく、親も祖父母も可能な範囲で受験体制をとりますが、どうしても不可能な分は、どこかにお願いすることになります。そのための費用は、奥様の給料に匹敵するほどかかるときには給料よりも高いと聞きました。子供も高学年くらいになると、手がかからなくなり、やっと仕事に全力投球できるようになったそうですが。その期間の仕事とは、給料を得るためではなく、将来もずっと同じ仕事を続けるため手段にすぎず、そのためには膨大な投資時間も手間も金銭的にもだそうです。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です